Mind to the reality

おもいを現実にする為に

PC作成:思うようにはいかないのは良く有る事(笑)

僕は副業でPCのメンテだったり、PC導入の支援をしている。
(最近は、殆どボランティアレベル。)
 
その関係ででた余剰パーツを処分する為に、部品を調達して、PCを作成してオークションで売ったりもしている。
 
今日は古い端末をスペックアップして出品する為に、
先週から作っているPCの「仕上げの日!」の予定のはずだった。
  
…昼に動かなくなるまでは。
 
昨日まで普通に動いていたし、何も問題が無かったはず。
 
今日の作業は、最終状態を作る為に、
調達した 「メモリの増設」と「追加分のHDDの設置」 だけだった。
 
何も難しいことは無い、時間で10分もあれば終わる作業。
  
2種類のパーツを取付け終わり、両方とも認識されているか確認。
 
何故か両方ともうまくいかない。
 
HDDはドライブレター(Cドライブとか、Dドライブとかのやつ)を付け忘れて
フォーマットしていたので、指定してあげて難なくクリア。
 
次は、メモリ。メモリは2GB×4の合計8GBになっていなければならないのに、
何故だか6GBと表示されている…?
 
とりあえずメモリを外してエアダスタを吹いてみる。…ダメ。
メモリの挿す位置を変えてみる…ダメ。
CMOSクリア(内部の時計や設定などの記憶を保持する為についている)を
してみる。…ダメ。
 
何か、うまくいかない。
 
改めて、メモリを全て取付けてみようとしたら、隅にある固定のパーツが
「もげた」。
思わず「嘘でしょ ??」と口から心の声が出てしまった。
 
そこからはもっと悲惨で、「画面に映像が出ない」、「勝手に電源が落ちる」
などになっていく始末。
 
パソコンを組む時に、思うようにいかないのは良く有る事だけど、
ここまで一気に酷くなるのは久しぶりだった。
 
そこから、「あーでもない、こーでもない」といじってみたら、
何とか画面は出るようになったものの、「もげた」部品は戻らないし、
6GB以上は認識されないままだった。
 
これでまた、部品の手配のし直し決定。
 
パソコンを組むことってなんだか面倒くさいし、多分、物凄く非効率。
ただ、なかなか動かなかったものが、巧く動いた時はかなり嬉しいんだよね。
 
たぶん、それが楽しくてやっているのかもしれない。
思うようにいかない「じゃじゃ馬を」手なずけるみたいな感じかな。
それって征服欲なのかな??よくわからないけど。

何度目のチャレンジかわからないけど、書いてみます(笑)

このブログの説明を書こうと思ったのですが、

いつまで続くかわからない(笑)ので、無理に書かないようにします。

 

肩肘張らずに書こうと思います。